【読書のメリット】本を読むことで得られる3つの利点!

生活を豊かにする!

読書ってどんな効果があるの?

読書のメリットを知ってモチベーションを高めたい!

こういった悩みを解消します。

僕も、もともとは読書が苦手だったのですが、

今から紹介するメリットを知ってからは少しずつ読書するようになってきました!

(今では、月に5冊は読書しています!)

では、さっそく中身に入っていきましょう!

スポンサーリンク

メリット①:ストレスが解消される!

読書から得られるメリットの1つ目は、「ストレスが解消される」ことです。

僕たち人間は、常に

時間がないっっ!

と思いがちですよね。

でも実は、「時間がない」と感じるのは、

「時間認知の歪み」が原因である

ことが研究によって明らかになってきました。

時間認知が歪んでいる状態とは、

本当は時間があるのにないように感じてしまう状態

のこと。

この「時間認知の歪み」を矯正することで、時間への焦りというストレスから解消されるのです。

そして、読書こそが時間認知の歪みを矯正する方法の一つというわけなんです。

1日30分、ゆっくり読書する時間をとるだけで、

68%もストレスが減少するという研究結果もあります。

僕たち現代人が漠然と抱く「時間がない」という不安は、読書により解消されるということです!

メリット②:要約力が身につく!

読書から得られるメリットの2つ目は、「要約力が身につく」ことです。

みなさん、本を読むときはただ読むだけで終わらせていませんか??

でもそれって、

実にもったいない!!

んです!!

なぜならば、読んだ内容を思い出す作業を細切れに入れないと、

せっかく読んだ内容が記憶から抜けやすくなってしまうから。

人間の脳は、基本的には

アウトプットすることで記憶に定着する
ようにできています。
なので、本を読むときは、

ここは特に大切だな!

と思う部分があったら、一度本を閉じて自分の言葉で要約しましょう。
うまくまとめられなければ、再チャレンジ!
これを繰り返すことで、自然と文章を要約する力が身につきます。

メリット③:粘り強さが身につく!

読書から得られるメリットの3つ目は、「粘り強さが身につく」ことです。

粘り強さを身につけることができれば、

目の前のことに集中して取り組むことができたり、

他に習得したい能力を身につける効率を上げることができます。

そして、この粘り強さを身につける方法の一つが、「読書」なんです!

自分にとって心が折れそう・挫折しそうな作業を毎日少しずつでも継続して行うことで、

粘り強さ、あきらめない力

を伸ばすことができることが明らかになっています。

つまり、「読書」が苦手な人にとっては、

毎日少しずつの読書が粘り強さを鍛えるのに貢献するのです。

読書しているときに飽きてきたら、

自分はいま、どんどん粘り強さが高まっている!

と思いましょう。

読書へのモチベーションを復活させることができますよ!

まとめ:読書は仕事で忙しい現代人にとっての救世主!

今回は、読書をすることで得られる3つのメリットとして、

  1. ストレスが解消される
  2. 要約力が身につく
  3. 粘り強さが身につく

ことを紹介しました。

読書することで、あらゆる面で成長することができます。

ぜひ本記事の内容を思い出しながら読書を習慣化してみてくださいね!

また、以前の記事で、読書する上で役に立つ「速読力」を高める方法を解説したのでぜひチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました